コラム

News

【心療内科 Q/A】「『機能性ディスペプシア』を中医学(漢方)的に考えると…?Ⅰ」

A.

医療法人社団ペリカン新宿ペリカンこころクリニック(心療内科、精神科)です。

 

 

胃もたれや胃痛、腹部の膨満感といった胃腸の不調が続いているにも関わらず、検査をしても特に異常が見つからないという不調機能性ディスペプシア(Functional Dyspepsia :FD)」と呼びます。

 

 

中医学(漢方)の考え方では、胃もたれ・胃痛・腹部膨満感・みぞおちの痛み等の胃腸の不調は、胃腸そのものを表す「脾(ひ)」は勿論のこと、ストレスの影響を受けやすい「肝(かん)」とも関わりが深いとされています。

 

 

また、胃腸の不調は体内・対外の「湿(しつ)」とも関係が深く、甘いものや脂っこいものの食べ過ぎにより、脾胃がダメージを受けて、水分代謝が低下し、体内に「湿」が溜まってしまうと、胃もたれ、胃のむかつき、口の中がネバネバする…等といった症状が出てきます。

 

 

このように、一口に機能性ディスペプシア(FD)」と言っても、出ている症状や不調により、対処法が異なりますので、ご自身の症状をチェックされ、それに合わせた養生を行われることをお勧め致します。機能性ディスペプシアは、中医学(漢方)的観点では、肝脾不和(かんぴふわ)」タイプと、脾虚痰湿(ひきょたんしつ)」タイプに大きく分けることが出来ます。

 

 

肝脾不和(かんぴふわ)」とは、肝(かん)」が過剰なストレスを受けることで、「脾(ひ)」を攻撃してしまい(この辺りは、中医学の「五臓の関係性」に拠ります)、「脾(ひ)」が正常に動かなくなってしまうことを指していますこの「肝→脾」の相克により、お腹が張ったり、下痢をしたり、食欲が無くなったり…という症状が現れます。この場合は、単純に胃腸機能を改善するという方法ではなく、肝をケアして、肝と脾のバランスを整えることで、胃腸の働きを改善させる」方法をとることになります。

 

 

脾虚痰湿(ひきょたんしつ)」とは、湿(しつ)」が原因により、脾(胃腸)に不調が出ることを指しています具体的には、梅雨の時期などのジメジメした季節の湿気の影響を受けたり、胃腸の働きが低下してしまい、体内に老廃物である痰湿が溜まったりすることで、身体の重だるさ、眩暈、眠気、食欲の低下…等といった様々な不調が起こり得ます。島国で湿度が高く、生ものや冷たいものを好む日本人の傾向として、機能性ディスペプシアをはじめとした、何らかの「脾(胃腸)」のトラブルが多いとされています。

 

 

 

このコラムを読まれて、ご自分の現在のご状況として、

気になる点がありました方や、興味・関心を抱かれた方は、

どうぞ当院まで、お気軽にお問い合わせください。

 

 

当院では、

機能性ディスペプシア(FD)自律神経失調症をはじめ、

うつ病、躁うつ病(双極性障害)、不安症、適応障害、

月経前症候群(PMS)、月経前不快気分障害(PMDD)、

心身症、更年期障害、冷え性、ストレス関連障害、

摂食障害(過食症)、パニック症、睡眠障害(不眠症)、

大人の発達障害(ADHD、自閉スペクトラム症)、

統合失調症、過敏性腸症候群(IBS)、強迫症など、

皆さまの抱えるこころのお悩みに対して、

心身両面からの治療とサポートを行っております。

 

 

なお、漢方薬による治療をご希望の患者様は、診察時に医師の方にぜひご相談下さい当院のような心療内科では、健康保険適用で処方することも可能です。

 

 

今後とも、医療法人社団ペリカン新宿ペリカンこころクリニック(心療内科、精神科)を宜しくお願い致します。