コラム

News

【心療内科Q/A】 「『過眠』と関連がある病気を教えて下さい」

A.

医療法人社団ペリカン新宿ペリカンこころクリニック(心療内科、精神科)です。

 

 

心療内科や精神科で扱う病気として、

「眠れない(=不眠)」が伴うイメージを持っている方は、

きっと少なくはないことでしょう。

 

しかし一方で、「眠りすぎる(=過眠)」に対しては、

「きっと身体が疲れているからだ」といった程度の、

比較的軽いイメージを持たれてはいないでしょうか。

 

 

実は「眠りすぎる(=過眠)」ことは、時として

心療内科や精神科で扱う病気の“症状”の一つとして現れていることもあり、

時として注意が必要となってきます。

 

具体的には、

うつ病(非定型うつ病も含む)、躁うつ病(双極性障害)、ADHD、適応障害、

自律神経失調症、過眠障害、ナルコレプシー、起立性調節障害、

……といった病気が挙げられます。

 

(なお、過眠障害、ナルコレプシー、起立性調節障害に関しましては、

専門の睡眠外来のある病院にかかられることをお勧め致します)

 

 

 

また、その当人にとって、外界が余りにもストレス過多であったり、

辛い環境であったりされる場合に、

無意識的にその方の「こころ」を守るために

心理的防衛機制として「過眠」が起きてしまっていることもあります

その際は、医師との診察に加え、

心理師とのカウンセリングを受けていくことが、

過眠の症状からの回復や、その方にとっての辛さへの根本的な解決に対して、

大切な役割を果たしていくことになります。

 

 

このコラムを読まれて、ご自身のご状態として気にかかる点が出てこられた方は、

どうぞ当院まで気軽にお問い合わせください。

 

 

当院では、うつ病、躁うつ病(双極性障害)、適応障害、

発達障害(ADHD含む)、自律神経失調症不眠症、不安障害、

パニック障害、強迫性障害、摂食障害、統合失調症、緊張性頭痛、

月経前症候群(PMS)といった、

皆さまの抱えるこころのお悩みに対して、

心身両面からの治療とサポートを行っております。

 

 

今後とも、医療法人社団ペリカン新宿ペリカンこころクリニック(心療内科、精神科)を宜しくお願い致します。