コラム

News

【心療内科Q/A】「大人のADHDに使えるお薬を教えて下さい」【大人の発達障害】

A.

医療法人社団ペリカン新宿ペリカンこころクリニック(心療内科、精神科)です。

 

現在、大人のADHDのお薬として日本国内で認可されているものは、

①商品名:ストラテラ(一般名:アトモキセチン)

②商品名:インチュニブ(一般名:グアンファシン)

③商品名:コンサータ(メチルフェニデート)

――この3種類です。

 

これら3種類のお薬が処方される目的は、不注意などのADHDの症状を緩和させ、

社会への適応を手助けすることです。

 

そして、この落ち着いて物事を考えられる期間に、

今後の対策や工夫、認知の修正などを行っていくことが望ましいでしょう。

 

何故なら、これまでのご自身の失敗体験が積み重なってきた結果で、

自信や自尊心、自己肯定感が低下してしまっていたとすれば、

それらはお薬だけで改善することは難しく、投薬と並行して、

心理・社会的な治療が必要となってくるからです。

 

当院では、ADHD、あるいはその傾向によりお困りの方に、

医師による投薬治療(当院では、ストラテラ、インチュニブのご処方が可能です)と、

心理師による心理・社会的治療の双方を、併用していくことが可能な体制を整えております。

 

この記事をお読みなられて、ご興味・ご関心をお持ちになられました方は、

ぜひお気軽に当院にお問い合わせ下さい。

 

 

今後とも、医療法人社団ペリカン新宿ペリカンこころクリニック(心療内科、精神科)を宜しくお願いいたします。