コラム

News

【心療内科 Q/A】「『冬』の食養生のポイントとは…?Ⅱ」

A.

医療法人社団ペリカン新宿ペリカンこころクリニック(心療内科、精神科)です。

 

 

以前、同コラムにおいて、季節と感情(七情)の結び付きについて記載させて頂きました(参照:秋になると涙もろくなるのは何故ですか?。冬は腎(じん)」が重要な役割を担う季節ですが(参照:冬の食養生のポイントとは…?Ⅰその「腎(じん)」に影響が強い感情(七情)が「」と「」の2つです。

 

 

「水」を司る「腎(じん)」は成長やホルモンにも関係していると共に、排泄や水分代謝のコントロールもしています。ですから、人を怖がらせたり驚かせたりすると、下半身のトラブルや気の乱れに繋がるのです具体的には、不安になる」「不眠が起きる」「尿トラブル(夜尿症含め)」「動悸などがその典型でしょう。

 

 

そのような冬の心身のトラブルには、食養生としては鹹味(かんみ)がまずはお勧めです。「鹹味(かんみ)」は代謝を高めたり、硬いものを軟らかくしたりする作用があります。鹹味(かんみ)」の中でのお勧め食材は、エビ、牡蠣です。

 

 

また、「鹹味」ではありませんが、冬のメンタルの安定にお勧めなのが、栗、ブドウ、杜仲茶(とちゅうちゃ)です。冬の間やメンタルが弱っている方には勿論のこと、怖がりの方や驚きやすい方も、温かい杜仲茶を飲まれることで、ホッとリラックスできるのではないでしょうか。

 

 

 

当院では、自律神経失調症をはじめ、

うつ病、躁うつ病(双極性障害)、適応障害、不安症、

心身症、ストレス関連障害、睡眠障害(不眠症)、

パニック症、摂食障害(過食症)、強迫症、冷え性、

月経前症候群、統合失調症、過敏性腸症候群、

大人の発達障害(ADHD、自閉スペクトラム症含む)など、

皆さまの抱えるこころのお悩みに対して、

心身両面からの治療とサポートを行っております。

 

 

また患者様のお悩みや症状、ご希望等によりまして、保険適用内で漢方薬を処方すること(漢方療法)も可能です。ご希望の患者様は、診察時に当院医師にご相談下さい。

 

 

今後とも、医療法人社団ペリカン新宿ペリカンこころクリニック(心療内科、精神科)を宜しくお願い致します。