コラム

News

【心療内科 Q/A】「『統合失調症』について教えて下さい①~症状編」

A.

医療法人社団ペリカン六本木ペリカンこころクリニック(心療内科、精神科)です。

 

 

統合失調症の症状として、具体的には以下のようなものが挙げられます。

 

 

① 幻覚(幻聴や幻視など)

② 妄想(現実とは異なる誤った確信。現実と非現実との区別がつかなくなる)

③ 話のまとまらなさ(言葉に現れる「連合弛緩」)

④ 行動のまとまらなさ(行動に現れる「連合弛緩」)、または、緊張病性の行動。

⑤ 陰性症状(感情の平板化、または意欲の欠如)

 

 

これらの5つの項目の内、2つ以上(④+⑤だけの組み合わせは不可)が、未治療のまま6か月以上続いている場合、「統合失調症」と診断されます。

 

 

因みに連合弛緩と言いますのは、思考・会話・行動において「まとまり」がなくなることを指しています。患者様ご本人は無自覚な一方で、周囲の方々としては「何を伝えたいのか、何をしたいのか」が、本人の言動から分からなくなってしまうことを指しています。

 

 

また緊張病性の行動には、大きく2パターンがあり、全く反応しない緊張病性昏迷と呼ばれるものと、逆に興奮して抑えようのない行動を取ってしまう緊張病性興奮と呼ばれるものがあります。

 

 

統合失調症は、治療の開始が早ければ早いほど「予後」が良好であるとされています。その反面、中々患者様ご本人による病気への気づきが難しい(「病識」を持ちにくい)という課題があります。よって、身近な周囲の方の気づきにより受診に繋がるケースがかなり多いのも現状です。

 

 

 

当院では、

統合失調症、うつ病、躁うつ病、不安症、

適応障害、パニック症、摂食障害(過食症)

睡眠障害、自律神経失調症、冷え性、強迫症、

大人の発達障害(ADHD、自閉スペクトラム症含む)

月経前症候群、過敏性腸症候群、アルコール使用障害など

皆さまの抱えるこころのお悩みに対して、

心身両面からの治療とサポートを行っております。

 

 

今後とも、医療法人社団ペリカン六本木ペリカンこころクリニック(心療内科、精神科)を宜しくお願い致します。